40代シャンプー【女性用】の比較サイト

現代人は美意識や清潔意識が高いため、不衛生よりも過剰なシャンプーのやりすぎが原因で肌トラブルを発症しているケースの方がむしろ多くなっています。間違ったケアをしてしまうとせっかく頑張ってもダメージを広げてしまうこととなります。中でも皮脂の落としすぎが1番の原因です。頭皮も皮膚の一部なので乾燥は大敵で、もともと皮膚の表面に皮脂膜があり、必要な水分とバリア機能を保つ役割をもっています。

 

本来シャンプーで落としたいのは余分な皮脂なのですが、洗いすぎてしまうと必要最低限の皮脂までもすべて除去してしまうのです。その結果頭皮の乾燥とバリア機能の低下が起きてしまいかゆみやフケ、ニキビなどのトラブルが起きやすくなってしまいます。またバリア機能の低下は頭皮の老化につながる紫外線からのダメージも受けやすくなってしまうので、要注意です。

 

ですから、あくまでバランスを考えて適度にほどよく毎日のシャンプーを行っていくことが大切です。基本的には頻度は1日に1回です。朝晩2回洗っているという人は頭皮環境を見直す必要があるかもしれません。

 

朝シャンプーをするという人は特に時間がなく急いでいるために、十分なすすぎやドライヤーで乾かすことができないことが多く、頭皮に残ってしまったシャンプーがダメージの原因となったり乾いていないことで雑菌が繁殖してしまったりと悪い頭皮環境を作ってしまう恐れがおおいにあります。気を付けることが必要です。