40代シャンプー【女性用】の比較サイト

年齢を重ねていけば誰にでも起こり得る加齢臭とは、皮脂から発生する臭いのことです。ノネナールという体臭成分が臭いの主な原因です。このノネナールとは、皮脂に含まれるヘキサデセン酸(脂肪酸の一種)が分解されることで発生します。

 

男性も女性も40代になると、若いころにはなかったヘキサデセン酸が皮脂の中に増加してきます。ノネナールは常在菌がこのヘキサデセン酸を含んだ皮脂を分解することによって発生します。加齢臭が最も気になるのが40代といわれるのは、これが原因です。加齢臭というと、「おじさんの臭い」という男性に多いイメージがありますが実は男女関係なく発生するものなのです。

 

一般的に女性よりも男性の方が加齢臭が目立ちやすいといわれているのは、皮脂量が女性よりも多いからといえます。また女性ホルモンは皮脂の分泌を抑える働きをしているため、ホルモンバランスが正常な場合には過剰に皮脂が出ることはありません。しかし、加齢により女性ホルモンの分泌が減り男性ホルモンの働きが活発になると皮脂が増えてきてしまいます。つまり、加齢臭となる原因が増加してしまうということになります。

 

身体の部位の中で、皮脂腺が多い部位はどこでしょうか。多くの女性は顔面だと思っているかもしれませんが、実は「頭皮」なのです。お父さんの枕が臭う!といわれる理由はここにあります。男性に限らず女性も頭皮から加齢臭が出やすいのは、皮脂腺が多いからなのです。